続々増台されているCRルパン三世、その数は10万台を超えたといわれています。

 

再三にわたり追加で増産していますが供給が追い付いてない状況で、4月納品分はパンク状態で注文を断られたホールも多いと聞きます。5月も追加生産する可能性もあるようで、その勢いは衰えていません。稼動の方も初登場から半年経った今も陰りが見えず、この数年のパチンコ機を振り返ってみても、大ヒット機種といって過言ではない実績を残していると思います。増産に際して個人的には「そろそろこの辺で」の思いは強いですが・・・。

 

「CRリオ」「CR百花繚乱」「CR烈火の炎」とCRルパン以外のパチンコ機でも良い実績を残しており、購入し対してのリスクが低くく「安心」という点では今現在TOPメーカーであるといえる。またスロットの機械もこの例外ではない。

 

ただ、好不調の波が激しい世界でこれが永遠に続く可能性は皆無である。かつて飛ぶ鳥を落とす勢いで長きにわたって帝国を築いた某メーカーの落日ぶりも記憶に新しい。これに習わず世に素晴らしい機械を出し続けてほしいと思う。

pic_c009

今後、CRストリートファイター、CR女だらけの水泳大会がホールに登場してきますが、35万は「お買い得だった」と言える機械であってほしいと切に願います。