不良客への対応(前編)

 

常連層をゴールド客層と位置づけするなら、対極に位置するのは招かざる者

lead(鉛)層です。

 

そう、「客」ではなく「者」です。

 

出玉ではなく、客層で店を選ぶ時代に鉛層が一人でも居座り続ければ、笊の

隙間から水が漏れるように顧客が流出してしまう。迅速に手を打たなければ

取り返しのつかない事になってしまいます。

「DQN」「酔っ払い」「常識を逸したクレイマー」「セクハラ」「ゴト師」分類すれば

こんなもん?で早めの対処が必要になる。

人は中身が重要、外見は気にするな!とよく言いますが、第一印象は外見で

決まります。パチンコ店でもビジュアル凶器の横には誰も座らない。「触らぬ

神に祟りなし」まさに外見で判断している証だ。

 

人が不快に感じるテリトリーは約1メートル。横で遊技しているだけでもストレスの

溜まる距離感で、竹内力也みたいな恐怖の顔面凶器が居座れば、横に座らないし

横に座ってきても余程のことが無い限り席を移動します。

 

欲を言えばソフトに変身してほしいのが店側の本音ですが、そこまでは突っ込め

ないし、突っ込めるはずもない。

 

話が大幅に逸れました。

これは顔が不良顔で、鉛層ではないですね。

 

 

次回へ続く・・・。